トライアル入荷の2銘柄
今回は、昨日トライアル入荷されたビール2銘柄を紹介します。
(入荷数に限りがあるので、興味をもたれた人はお早めに。)

1つめは、英国王室御用達としても知られているエール「Double Diamond Caskflow」。
ロング缶ではあるものの、缶の底に窒素ガス装置がついているため、生エールと(生を飲んだことがないので比較できませんが)同じ味わいを楽しめるのだとか。
香りやパンチの有無で好みが分かれるかもしれませんが、クリーミーな泡と滑らかな喉ごしは、一度試してみる価値あり。(専門店でもあまり見かけない銘柄ですし)

そして2つめは、米国居住経験者などに人気のラガー「Samuel Adams」。
二条大麦100%、ハーラータゥホップ、特殊イーストと湧き水だけで造られ、長期間熟成されたものだそうなので、他のラガーと飲み比べてみることをオススメ。

そういえば「サミエル・アダムス」って、米国独立の祖(?)と同じ人物のようですが、インターネットで調べたところでは、サミエル・アダムスは生前、ビール職人でもあり、その名を商品名にすることで、米国がヨーロッパから「自由独立」を宣言したように「ビール造りにおけるヨーロッパビールからの独立」という意味も込めたのだとか。
「アメリカNo1」かどうか定かではありませんが、少なくとも「ボストンNo1の地ビール」と評され、人気がとても高いそうです。(すみません、米国ビールってよく知らないんです。)

次のトライアル入荷では「McEWAN'S SCOTCH ALE」を期待してるのんだけど、無理かなぁ。「McEWAN'S」ってTripleCrownの灰皿にプリントされている、アレですアレ。


参考情報:
Samuel Adamsの公式サイト
[PR]
by londonderby | 2005-01-19 18:30 | ★Drink Menu (A-Z)
<< 【FA CUP】 ジワジワと盛... 【欧州リーグ】選手移籍シーズン >>