カテゴリ:★Food Menu (A-Z)( 8 )
【TrackBack】 ケチャップのシミ、Eメールで泥試合に
[ロンドン ロイター]
ある高給取りの弁護士と秘書の間で交わされ“ケチャップのシミ”に関する一通のEメールが、ロンドンの法曹界の話題になっている。

リチャード・フィリップス弁護士が、シミを落とすためのドライクリーニング代4ポンド(約520円)の弁償を求めたEメールを秘書に送った話をマスコミは面白おかしく書き立てている。秘書が誤ってトマトケチャップを彼のズボンにかけてしまったのだった。

女性は母親が亡くなったために休暇をとり、職場に復帰したばかりだった。秘書はこのEメールに激怒し、弁護士事務所「ベイカー&マッケンジー」の同僚数人にこのEメールを転送した。送られてきた人は、また別の人に転送したというわけだ。

このEメールは瞬く間に広がり、ネットで公開されマスコミの眼に留まった。

フィリップス弁護士のEメールにはこう書かれている。

“ディア・ジェニー 私はランチ時にドライクリーニング屋に行って来た。ケチャップのシミを取るには4ポンドかかるそうだ。今日、代金を現金で渡してくれれば、私は感謝するよ”

秘書のジェニー・アムナーさんは、こう答えた。

“このEメールに関して 仕事にすぐに戻ってこれずに申し訳ありませんでした。しかし、母の急な病気、そして死、葬儀といった事があり、あなたの4ポンドなんかより、もっと差し迫った大切なことがあったのです”

ジェニーさんの同僚は、そんな代金の取立てなど支払わなくてもいいんじゃないかと言っていたが、ジェニーさんは支払った。

ふたりの弁護士事務所は感心していない。

広報は「事の成り行きは知っています。しかし、これは社員2人の間のプライベートな問題でありますが、手が負えない状況になっているので、現在調査中です」という。

新聞は、フィリップス弁護士宛ての数通のEメールを掲載している。ケチャップのシミがついた惨事を聞いて深い悲しみにくれたという投資銀行家や、フィリップ弁護士はどこかに移住したらいいのではないかと提案しているものもいる。
==================

元凶はEメール。日本の会社でも、似たり寄ったり・・・。
直接話せば、フレンドリーにまとまることでも、EメールだとPCの前で「クソッ!」とか「シネ!」とか叫んでいる同僚を、ときどき見かけませんか?実は夕べの貴方もそうだったりして・・・。

記事掲載サイト:Excite世界びっくりニュース
[PR]
by londonderby | 2005-06-18 18:12 | ★Food Menu (A-Z)
もはや定番のSAMOSA
a0037410_16151572.jpgTripleCrownのフードメニューのなかで、もはや定番となった感がある「SAMOSA」。
今のところは『KEEMA SAMOSA(写真左)』と『VEG SAMOSA(写真右)』があり、どちらもポテトやオニオンがベースなので「ビールと合うのかな」と思いきや、これが意外、他のドリンクにも合ってしまうんです。また一個から注文できるのも嬉しいところ。
「SAMOSA」は、最近人気の「ガストロ・パブ(Gastro pub)」というよりも、イギリスの一般的なパブでありつけるメニューなので、TripleCrownの常連さん(特にイギリス生活経験者)のあいだでも「懐かしいねぇ」というコメントが多いとか。
手ごろな値段なので一度試してみてね。

参考情報:「ガストロ・パブ」(Dancyuサイトより)
※リンク先のページで紹介されているロンドンの「The Engineer」の味については賛否両論あるようです。日によって味の差がカナリあるとか。
そういう意味では、テレンス・コンラン卿がプロデュースした飲食店の典型と言えるかも知れません・・・店の内装や皿の盛付はカッコいいんですけどねー。
[PR]
by londonderby | 2005-03-14 23:17 | ★Food Menu (A-Z)
KOFTE KEBABが合うみたい
a0037410_13553853.jpg最近のTripleCrownでは、トルコやインド、レバノン等のエスニックなフードメニューが人気です。(英国のパブには結構あるんですが、日本のパブでは珍しいかも)

今日ご紹介するのは、『コフテ・ケバブ(KOFTE KEBAB)』 。ラムひき肉、玉ねぎ、レタス、ピタ、フライドポテト、チリソース等(Minced lamb, Onion, Lettuce, Pitta bread, Crispy chips, Chili sauce and etc)の組み合わせは、初めての人でも食べやすく、手づかみで齧り付ける手軽さは、お腹のすいた夜の1つめのフードとしてもオススメです。

また、Kebabというと、日本では街中で頬張れる「ドネル・ケバブ(Donar Kebab)」が有名ですが、柔らかい「ラムひき肉(minced lamb)」の『コフテ・ケバブ(KOFTE KEBAB)』のほうが、数あるドリンクメニューを楽しみたいTriple Crownのお客さんには向いてるのかなと思います。

但し、レギュラーメニューではなく、良い食材が揃ったときだけ出される「本日のおすすめ料理」の1つなので、来店の際、店主に尋ねてみてください。

最近はフードメニューの美味しさを目当てに来店する人も増えているようなので、今後はこのブログでもフードの最新情報を載せていこうと思います。

※上の写真ではKEBABがうまく撮れていないので、後で修正します。
[PR]
by londonderby | 2005-02-27 00:45 | ★Food Menu (A-Z)
人気のEnglishBreakfast
a0037410_23284549.jpg 新メニューのなかでも、このところ特に人気があるのが「EnglishBreakfast」。

午前中は営業していないTripleCrownですが「目玉焼き、ベーコン、ビーンズ、ポテトチップス、ソーセージ、薄切りトースト」という組み合わせだから、名前はやっぱり「EnglishBreakfast」。最近のキッチンは店主が兼任しているせいか、それぞれの細部にイギリスらしさが感じられます。人気の理由はこのあたりにあるのかも・・・。(今日は久しぶりに写真付きにしてみました。)
[PR]
by londonderby | 2005-01-14 16:27 | ★Food Menu (A-Z)
フードメニューが一部変更
ブリティッシュパブの料理を正しく、(パブなのに)美味しく再現したことで定評のある、TripleCrownのフードメニューが、今年から一部変更されました。お酒のツマミとして食べたい人、ガッツリ食べたい人、どちらの人も一度試してみることをオススメします。

個人的には、ビーンズのスープでクタクタになったミール(チップス)が好きなのですが、そういうのは別料金になるみたい・・・。
[PR]
by londonderby | 2005-01-12 13:51 | ★Food Menu (A-Z)
クリスマスプディングって、あんまり関係ないけど・・・。
週末、ネットを検索していたら、こんな(↓)ニュースを発見。あまりにも・・・・なので、TripleCrown的な笑いのネタとして紹介しちゃうことにしました。

英宮殿職員、女王のをeBayにかけて解雇』(REUTERS/IT media newsより)

バッキンガム宮殿の職員が、エリザベス女王からの贈り物であるクリスマスプディングをインターネットでオークション(売値20£)にかけ、保安規定違反として解雇されたそうだ。クリスマスプディングって、PUBのTripleCrownにはあんまり関係ないけど、イギリスの王室ネタは(まったくの個人的主観で恐縮なのですが)なぜか面白い。
ちなみに、店内では一足先にお客さんからのお土産で振る舞われたことがありました。確か11月のことだったので、クリスマスよりもかなり前ですけど。

参考情報:
レシピと歴史(英国大使館のサイトより)
Yahoo- イギリス王室
[PR]
by londonderby | 2004-12-20 11:31 | ★Food Menu (A-Z)
イギリスのCrispsもあるよ
TripleCrownのCrispsといえば、Chips(Fried Potato)以外では、イギリスのスナック菓子『Britz』が人気。店内には「Smokey Bacon」「Salt & Vinegar」「Ready Salted」「Cheese & Onion」の4種類が置いてある。Footballの試合放送中は、スクリーンの位置の関係もあり、片手でもてる袋入りのCrispsがちょうど良い感じ。
上級者は「Salt & Vinegar」の袋の口をちょっと切った後、Black Pepperを降りかけ、袋の口を握ってガサガサと振ってから食べるようだ。

蛇足ですが、イギリスで一番人気のWalkers(日本では手に入らないらしい)のサイトでGaryVinegar(Linekar) をみつけちゃいました・・・。

Crispsの参考情報:
≪シッカリ調べてみたい人向け≫
イギリスのスナックについての調査報告書
[PR]
by londonderby | 2004-11-30 02:24 | ★Food Menu (A-Z)
TripleCrownのFish&Chips
今日はTripleCrownのFish&Chipsについて書いてみようと思う。

味は(横浜やロンドンでコックをやっていたこともある)店主が決めたようだが、この店(今のシェフはKさん)の味を求めてやってくる常連客も多いようだ。個人的にも渋谷・恵比寿界隈のパブのなかでももっとも好きな味だ。特にChipsは、あまりにもイギリス風(揚げてからかなり時間がたったものも多く、しんなりしている)でもいけないし、あまりにも日本風だとパブの雰囲気がなくなってしまうので、結構難しいものだと思う
また、食べきれないときは紙などに包んでもらい持ち帰ることができるのも人気の秘密かもしれない。・・・・それに、持ち帰っても食べたい飲み屋の料理って珍しくないですか?

Fish&Chipsの参考情報:
ロンドン 旅の雑学ノート』玉村豊男(著) 新潮文庫
英国サバイバルガイド』さんのページ
[PR]
by londonderby | 2004-11-27 20:02 | ★Food Menu (A-Z)