カテゴリ:★Drink Menu (A-Z)( 32 )
夏らしい組み合わせ
今日は、久しぶりにTriple Crownのメニューについて、書こうと思います。

先日、夏らしい組み合わせを見つけました。

ドリンクは、アップルサイダー、ヒューガルデンホワイト(ライム入り)。

ちょっと小腹が好いたときには、夏の特別メニューであるサラダピザ。小さめでカリッとした生地のうえに、とろとろにしたモッツァレラチーズ。トッピングには赤キャベツにレタス、スライスしたサルシチョン、そして極めつけのサラダドレッシング。

適度に油分を摂取できつつも、爽やかな後味を残してくれる、この組み合わせは、今年の夏はオススメです。特に、English Pubのイメージに縛られて、食べるものを想像できない人も、年中変わらず、CodやChipsに噛り付いている人は、是非一度試してみてください。
(※写真がなくてすみません。)

※ドリンクについては、今回は敢えて、Triple Crownが発祥の地だと言われている「へネシーミュール」は選びませんでした。輸入業者の方などには、今年らしさのある新しいメニューの提案をお願いしたいです。
[PR]
by londonderby | 2007-10-05 00:39 | ★Drink Menu (A-Z)
Scotish Beerの 「Arran」 シリーズ登場
a0037410_0453655.gif Scotish Beerの 「Arran」 シリーズが、トライアルで入荷しました。Arran島で作られてるんですって。様々なタイプがあるなかでも、今はAle、Darkなどを楽しむことができます。
お店のメニューには書いてないので、興味をもった方は、店主Sさんに尋ねてみてください。
[PR]
by londonderby | 2005-08-23 00:48 | ★Drink Menu (A-Z)
【早耳情報!】 Edel pils大好評
昨日、初入荷した10リットル樽の「Edel pils」、2-3時間中に完売、大好評だそうです。
私が着いたときには既に空でした。いまさらですが、夏ってことですかねー。

いずれにせよ、来週の入荷を楽しみにして、今日は・・・。

補足情報:Edel pils公式サイト
[PR]
by londonderby | 2005-07-30 18:17 | ★Drink Menu (A-Z)
【TrackBack】 英国のビール愛飲者はブレア首相を支持(?)
[ロンドン ロイター]
ビールの愛飲者に限っていえば、トニー・ブレア首相はライバルたちよりリードしているようだ。

英国ベリー・セントエドモンズのエールビール専門店「ビア2ゴー」は、ブレア、マイケル・ハワード、チャールズ・ケネディの3大政党の党首の名前をつけた特別なビタービールを販売している。ボトルのラベルにはそれぞれ3人の顔写真が。

で、売り上げを5月5日の総選挙の世論調査としてみると、最もよく飲まれているのが「ブレア・エール」なのだ。

同店の共同経営者、ジニー・バカンさんはロイターに「売り上げによると、ブレア氏は45%、ハワード氏は33%、ケネディ氏は21%よ」と語った。

3種類のビールは地元の醸造所で作られ、微妙な味の差が出るようにホップの種類を変えているそうだ。「政策と同じよね」とバカンさん。主催者の中立性を保つために、彼女の支持政党は明らかにしなかった。
===============

味はどうなんでしょうね・・・。
支持政党の写真が貼ってあっても、不味けりゃ飲まないと思うし。

記事掲載サイトExcite びっくりニュース
[PR]
by londonderby | 2005-04-29 20:49 | ★Drink Menu (A-Z)
Irish Cider 「MAGNERS」 が登場
a0037410_19313552.jpg今週、来店した人は既にご存知かも知れませんが、TripleCrownにIrish Ciderの 「MAGNERS」が、新たに入荷しました。
以前に入荷した「STOWFORD PRESS MIDIUM DRY」ほど樽香がなく、果物の味わいが深いので、Ciderファンだけでなく、「正直、お酒が苦手なんだけど付き合いで来店してしまった」なぁんて人などにもオススメです。もちろんアルコールは入っていますけど。

参考情報: MAGNERSの公式サイト
[PR]
by londonderby | 2005-04-23 22:26 | ★Drink Menu (A-Z)
エーデルピルス、間もなく入荷
TripleCrownでは、この夏に向けて間もなく、Yebisu Beerの替わりに「エーデルピルス」を試験的に入荷する予定だそうです。

サッポロビール社によるところでは「ファインアロマホップを通常の3倍使用したスーパープレミアムビール。贅沢に仕上げたグルメ志向の逸品です。高貴な苦味(エーデルビター)と香り。さらに、キリッとした喉ごしを生み出すため、手間と時間を惜しみなく使った、本場仕込みのピルスビール」だとか。

また、TripleCrown店主によるところでは「同メーカーさんの協力次第だが、価格帯をできるだけ抑え、これまで格安のYebisu Beerを愛飲してきた常連さんにも挑戦してもらえるようにしたい」とのこと。

近いようで遠い「恵比寿ガーデンプレイス」で飲んだことがあるが、それ以外ではあまりに見かけない銘柄なので、ちょっと楽しみ・・・・
[PR]
by londonderby | 2005-04-23 18:52 | ★Drink Menu (A-Z)
「Kronenbourg 1664」の新パッケージ
a0037410_14322263.jpg建物や店舗のデザイナーとして有名なフィリップ・スタルク(Philippe Starck)が、近ごろ 「クローネンブール1664(Kronenbourg 1664)」 の新パッケージのデザインを手がけたようです。

日本でも既にデザイン関係者や好事家のあいだで注目を集めており、先日TripleCrown店主にこのニュースを伝えたところ、豪く興味をもっていたようです。 ※店主もかなりのエンスー(コダワリ派)ですからね。

残念ながら、今現在は製造国フランスのコレット、プラザアテネ、ボンマルシェ等でしか販売されてないようですが、日本でも近いうちにお目にかかれることを期待。
(エールフランスの機内なら注文できるのかな?)

筆者はこのデザイン(写真で)を初めて観たとき、シャンプーと見間違えてしまいました。


参考情報: Kronenbourgの公式サイト
[PR]
by londonderby | 2005-03-23 14:32 | ★Drink Menu (A-Z)
【TrackBack】 エールの広告にブーイング
a0037410_16491145.jpg[ロンドン ロイター] 

英国で23日、2連装ショットガンが視聴者に向けられる「脅迫的」なビールの新聞広告が禁止されることになった。

問題の広告は、エール・ビール「ラドルズ」のもので、2脚のパブのストゥールの間から読者に狙いを定めている散弾銃がフィーチャーされている。そして「すみませんが、そこは私の席じゃないですかね」というキャプションが書かれている。この広告に51件の苦情が寄せられた。

苦情によると、広告は銃の脅迫的な使用を許容しており、不愉快で無責任だという。

ユニオン・パブ・カンパニーは、広告は特にパブ経営者に対して悪影響があるとしている。

ラドルズを醸造しているグリーン・キング社は、広告は「国と妥協しない」キャンペーンの一環で、行間のユーモアを理解してくれる男性のビール愛好家をターゲットにしたものだと説明している。

英国広告規準審査委員会(ASA)は、広告は「反社会的行為を許容したり誘発する可能性があってはならない」とコメント。さらに同広告は、脅迫的とみなされる恐れがあり、「深刻で広範囲な侮辱」になりうる、としている。

ASAは、グリーン・キングにこの広告を2度と掲載しないよう命じた。
===========

確かに、「行間のユーモアを理解してくれる男性のビール愛好家」には、しっかり響くメッセージかも。いずれにせよ、これを切欠に次の広告にも注目が集まれば、問題ないでしょー。
「『国と妥協しない』キャンペーン」ってのは、意味わかんないけど・・・。(原文不明)

エール(ale)の広告にエールを送ろう(yell)・・・なんちゃって。
ちなみに、グリーン・キング社のビールは、今、日本への輸入が厳しくなっているそうで、TripleCrownにも、RUDDLESは入っていません。

記事掲載サイト:Excite 世界びっくりニュース
オマケ:ちょっと遊べるページ
[PR]
by londonderby | 2005-02-25 22:06 | ★Drink Menu (A-Z)
【TrackBack】 カラシニコフ・ウォッカ、名前を変更
a0037410_19321374.jpg こういうニュースは拾っとかないとね。
=======================
[ロンドン ロイター] 

英国のカラシニコフ・ジョイント・ストック・ウォッカ社は、英国内で、カラシニコフというブランド名が持つ軍事的連想に反対してボイコット運動が起きたのを受けて、ウォッカの名前を変更すると発表した。

アルコール関連産業の自治団体「ポートマン・グループ」は17日、カラシニコフというブランド名が暴力的振る舞いに関連する可能性があると指摘した。同グループは、最大手のワイン・スピリッツ企業であるディアジオ、インターブルーUKなどをメンバーとする強力な団体だ。

カラシニコフの女性広報担当者は「ちょっと変わった大胆不敵なブランドなのです。でも、人々を軍事抗争に駆り立てるなんて考えには同意できません」と語った。

「ポートマン・グループとはイヤでも協調しなければなりません。わが社のウォッカは世界中でカラシニコフと呼ばれるでしょうが、英国でだけは別の名前がつけられることになります」

問題のウォッカは、伝説のアサルトライフル、AK-47「カラシニコフ」の設計者、ミハエル・カラシニコフ中将によって昨年9月に発売された。カラシニコフ氏は、銃の「名声」を継続させたいとコメントしていた。

カラシニコフ氏は、第二次世界大戦中にドイツ軍から撃たれて負傷、その後、アサルトライフルを発明した。その銃はゲリラとギャングの御用達となり、世界中で使用された。

先週、ポートマン・グループはカラシニコフ・ウォッカに対する苦情を支持すると表明、小売店に同ウォッカを置かないよう通達した。

同グループは「この名前は、現在使用されている銃、つまりAK-47のイメージを連想させるという結論に達しました。AK-47は、トップではないかもしれないが世界で最も広く使用されている銃であり、間接的に暴力と危険な行動を示唆するので、アルコール飲料の名前の選択としては受け入れがたいと考えます」と発表した。
===========
へー、ライフルはNGだけど、戦闘機はOKなのね。でも、まだ新しい呼び方は決まってないみたい。

記事掲載サイト:Excite 世界びっくりニュース
[PR]
by londonderby | 2005-02-19 01:53 | ★Drink Menu (A-Z)
ウイスキーマガジンライヴ
世界唯一のウイスキー専門誌(英国誌)「Whiskey Magazine」のイベント 『 Whiskey Magazine Live!2005 』が、本日12日に東京ビッグサイトで行われました。TripleCrown店主も足を運んできたようなので、詳しいことはお店で聞いてみてください。ご興味をお持ちで早く知りたい方はこちらのブログからどうぞ。(かなり詳しいので、リンクさせて戴いちゃいました。)
[PR]
by londonderby | 2005-02-12 15:27 | ★Drink Menu (A-Z)